60代乾燥肌の化粧下地の選び方・使い方

乾燥肌の化粧下地選びではカバー力と保湿効果を重視して製品を比較検討していきましょう。

 

肌が乾燥した状態ではどうしてもくすみやザラつき、小じわなどの肌の凹凸が気になるものです。

粒子の細かいパウダーで肌を均一に見せられるか

乾燥肌の方が重視したい下地選びのポイント
・しっかりフィットするカバー力か
・カラーコントロール力があるか
・保湿力があるか

 

60代化粧下地選び方使い方乾燥肌

下地選びでカバー力を重視する必要性
・肌悩みをファンデーションだけでカバーしようとすると厚塗りになりがち
→肌の負担になって、益々トラブルが起きやすくなる

 

毛穴や肌の凹凸にしっかりフィットして全体を滑らかに演出することができるかがポイントです。

 

粒子が細かいパウダーが使用されている製品ほどこの点に優れています。

 

あくまで全体を滑らかに仕上げるのがポイントで、凹凸や毛穴の開きがある部分ばかりに目を向けず、

 

全体に使ったあとでその部分だけ不自然にならずにごく自然に見えることがポイントです。

 

乾燥肌でも多少余分な皮脂は分泌される

60代化粧下地選び方使い方乾燥肌

また肌にしっかりフィットさせようとすればするほど崩れやすくなります。

 

乾燥肌はもともと皮脂の分泌量が少ないので皮脂対策を気にしない人も多いと思います。

 

しかし毛穴や凹凸の対策を重視する場合には皮脂を吸着する効果を備えた化粧下地がオススメです。乾燥肌でも日中には皮脂が分泌されるものです。

 

しっかり肌にフィットさせてカバーしているほど崩れやすくなるため、皮脂を吸着させる効果に優れた化粧下地を選んでおいたほうが確実です。

カラーコントロール効果で血色感アップ

60代化粧下地選び方使い方乾燥肌

血色感が失われているのも60代の乾燥肌の特徴です。

 

それを改善し若々しくツヤのある状態を演出するためにはカラーにもこだわりましょう。カラーコントロールの効果も備えた化粧下地も登場しています。

 

ピンクやレッドのパウダーを使用した製品はくすみや血色感の低下の悩みを抱えている肌に適しています。

 

この点もあくまで全体に使ってみて違和感がないかどうかを踏まえたうえで選んでいくことが大事です。

 

あとは保湿効果。美容液やクリームでの保湿対策では十分にカバーできない場合には化粧下地でもうひと押ししておきましょう。

 

セラミドやスクワランといった保湿成分を充実させている化粧下地も増えています。

保湿力も重視し肌環境を改善できるか

60代化粧下地選び方使い方乾燥肌

カサつきや小じわが気になる方はカバー力よりもまず保湿力を重視し、

 

根本の乾燥の問題を改善していくのに役立つ化粧下地を選んだほうがよいかもしれません。

 

この点は乾燥がどの程度深刻かともかかわってくるでしょう。

 

基本的には保湿対策はスキンケア製品で行うものですが、スキンケアの最後の仕上げの感覚で化粧下地でも補ってみるのもひとつの選択肢です。

 

こうしたポイントを踏まえつつ、自分なりに優先順位を決めながら乾燥肌に適した化粧下地を探してみましょう。

 

あとは厚塗りを避ける使い方も大事です。厚塗りをすると肌に負担がかかるだけでなく透明感が失われてしまうため、薄付けを意識しつつファンデーションの密着性を高めていく工夫を心がけましょう。

60代乾燥肌向けの化粧下地のまとめ
カバー力を重視:
・毛穴や肌の凸凹にフィットしつつ、あくまで全体を滑らかに仕上げられるか
・余分な皮脂だけを吸着するか

 

血色感やくすみをカバーしたい:
・カラーコントロール効果を備えているか、ピンクやレッドなら尚可

 

かさつきや小じわが気になる:
・保湿力があるか、スキンケアの仕上げとして下地を使う

 

60代敏感肌の化粧下地の選び方・使い方

60代の敏感肌ともなるとかなり刺激に敏感な状態になっているうえに乾燥の問題も抱えていることがほとんどです。

 

それだけに化粧下地の位置づけが非常に重要になるうえに化粧下地選びそのものも慎重に行っていく必要があります。

 

肌の負担にならずにファンデーションを付けられるか

刺激に敏感なのですからファンデーションで肌に負担をかけないようメイクを気をつけなければなりません。 

 

そのため化粧下地で肌に密着させ、厚塗りを避けながらカバー力を高める工夫が求められます。

 

敏感肌の方が重視したい下地選びのポイント
・密着性を高める効果に優れているか
・粒子が細かいパウダータイプか
・1つで色々な役割を兼ねている

 

 

60代化粧下地選び方使い方敏感肌

ファンデーションの成分と引き寄せあいながら密着性を高める特別な処方を取り入れている化粧下地もあります。

 

ただ注意したいのはこうした密着性を高める効果はファンデーションとの相性もあります。

 

基本的に同じラインの製品同士のほうがこの効果が発揮されやすいため、敏感肌の方は化粧下地とファンデーションをセットにして選んでいくとよいでしょう。

 

敏感肌は乾燥が原因の小じわや肌の凹凸も多いため、それらをうまくカバーできるかも化粧下地選びの大事なポイントです。

 

粒子が細かく凹凸を滑らかにならしてくれるパウダーが配合されたものを選ぶようにしましょう。

 

 

薄付けで自然なフィット感があるか

60代化粧下地選び方使い方敏感肌

敏感肌のメイクは化粧下地にしろファンデーションにしろ薄づけが原則です。

 

・しっかり塗りこまなくても自然に凹凸を埋めていくことができるか
・塗布による摩擦や手間を防げるか

 

これは使い方ともかかわってきますが、毛穴に押し込めなくても自然にフィットし、透明感を損なわないかどうかを基準にするとよいでしょう。

 

スキンケアやメイクそのものが肌に負担をかけてしまうのも敏感肌の悩みです。

 

手間を省くためにいろいろな役割を兼ねている化粧下地を選ぶのもひとつの選択肢でしょう。

 

オールインワン化粧品を選ぶときと同じ感覚でクリームやファンデーション、カラーコントロールの役割も兼ね備えている化粧下地をチェックしてみましょう。

 

ちょっした外出のメイクならファンデーションも兼ねている化粧下地でも十分にカバーできるものです。

 

血色感やツヤを引き出せるか

60代化粧下地選び方使い方敏感肌

ファンデーションの負担を減らす観点からも比較検討してみましょう。

 

使い方ではやはり厚塗りを避け、薄づけを意識しながら全体にムラなくフィットさせていくことがまず第一です。

 

そのうえで血色感や透明感を意識しましょう。ピンクやレッド系の化粧下地をうまく活用すればツヤと血色感を引き出すこともできます

 

これもあくまでやり過ぎないことが大事で、自分なりの適量を工夫しながら使っていくことになります。

 

自分なりの量や使い方を見つけ出すことができるかもこの年代の乾燥肌のメイクに求められる重要な部分となりそうです。

 

60代敏感肌向けの化粧下地のまとめ
・密着性に優れていて、できるだけファンデーションも同じラインで揃える
・粒子が細かく、薄塗りでも毛穴や肌の凸凹にフィットし、透明感を損なわない
・塗布による摩擦を減らすため下地以外の効果もある

60代脂性肌の化粧下地の選び方・使い方

肌の乾燥が進んでいく60代で脂性肌は珍しいといえますが、それだけにスキンケア製品やメイクのアイテムを選ぶのが難しくなります。

 

エイジングケア製品のほとんどは肌の乾燥を前提にしたうえで作られているため、脂性肌には向いていないことが多いからです。

年齢肌用下地は脂性肌に充分でない場合が多い

60代化粧下地選び方使い方脂性肌

脂性肌のメイクの最大のポイントは化粧崩れを防ぐことができるかにあります。

 

60代の場合は小じわや毛穴の開きをカバーする目的もあるので化粧崩れはとくに防ぎたいところ、

 

肌の凹凸や毛穴に化粧下地やファンデーションをしっかりフィットさせていればいるほど崩れたときに厄介になります。

 

しかし年齢肌用の化粧下地やファンデーションは肌の乾燥を重視して作られることが多いです。

 

フィット感や密着性を重視しつつも脂性肌ならではの化粧崩れ対策を十分にフォローしていない傾向が見られます

 

メイクを長持ちできる効果をセールスポイントに掲げている製品でも脂性肌にとっては十分ではないことが多いので気をつけましょう。

 

脂性肌の方が重視したい下地選びのポイント
・余分な皮脂を吸着する効果を備えたパウダーを配合されているかどうか
→乾燥しがちな肌を前提に作られているものが多いため、脂性肌の多い皮脂もしっかり吸着できるかどうか

 

現在の化粧下地にはこの皮脂吸着の効果を備えているものが多く見られます。

 

60代化粧下地選び方使い方崩れ防止

実際に使ってみないと評価しづらい部分があるので難しいですが、口コミなども参考にしたうえでできるだけ多くの余分な皮脂を吸着し化粧崩れを防げる製品を選んでいくようにしましょう。

 

化粧崩れを起こしやすいからにはファンデーションの密着性を高める効果も重要です。

 

化粧下地に配合された成分とファンデーションの成分が引き寄せあう作用によって密着性を高める製品が増えています。

 

こうした密着性を高めるための特別な処方が取り入れられているかどうか、厚塗りをするほど化粧崩れを起こしやすくなるだけに重視して選んでいきたい部分です。

下地塗布後、時間を置いてからメーキャップ

60代化粧下地選び方使い方崩れ防止

使い方に関してはあまり無理して毛穴や凹凸に押し込めようとしないことと

 

クリームを塗付してからしばらく時間を置いてから使うことが重要です。

 

脂っぽい状態だけにクリームを塗付してすぐに使うと表皮の脂分の影響で密着しづらくなったり、配合されている美容成分が肌に浸透しにくいといった問題を引き起こしてしまうからです。

 

乾燥肌・敏感肌に比べてバリア機能の低下はそれほど気にならないわけですから、化粧下地を利用する際には多少時間の余裕をもってゆっくりとしたペースで使っていくよう心がけるとよいでしょう。

 

あとはベタつかないよう量に注意すること、全体にムラなく使い、自然に仕上げられるようにすることを意識すれば万全です。

 

60代脂性肌向けの化粧下地のまとめ
・余分な皮脂の吸着力に特に優れているか
・無理に肌に押し込めない
・塗布してからしばらく置いてしっかり馴染ませる