テカリ防止に効果的な化粧下地の選び方・使い方

テカリ防止は化粧下地の大事な役割のひとつ

 

ただ製品を選ぶ際には何が原因でテカリが起こってしまっているのかをよく把握したうえで比較検討していくことが大事です。

テカリの原因である過剰な皮脂をしっかり吸着できるか

60代化粧下地選び方使い方テカリ防止

肌質など肌の状態によって原因が違ってくることも多いからです。

 

とはいえテカリの最大の原因はやはり過剰な皮脂です。

 

ですから皮脂を吸着させる成分やパウダーを配合しているかどうかをまずチェックしましょう。

 

余分な皮脂が多いとせっかく肌に密着させたはずのファンデーションを浮き上がらせてしまい、テカリや化粧崩れの原因となってしまうため、吸着させることで防ぐのです。

 

この皮脂吸着効果を備えた化粧下地が多くのメーカーから発売されるようになっており、多くの選択肢から選んでいける環境になっています。

必要な潤いを残せることも大切

それだけに選ぶ際にはいくつかのポイントを確認しておきましょう。

・どれだけ皮脂を吸着させることができるか
→必要な皮脂を残すことができるかどうかも大事なポイント
皮脂を吸着させるだけでなく固めることで肌への影響を防ぐ効果を備えている製品もあります。
・ファンデーションの密着性を高める効果
→厚塗りを避ける点から乾燥肌・敏感肌にとっても大事なポイント

 

あくまでテカリの原因となる余分な皮脂だけを吸着させ、保湿やバリア機能に必要な皮脂は残す。このバランス感覚も大事なのです

 

単に皮脂を吸着させるだけだと必要な皮脂まで失われてしまい乾燥やバリア機能の低下といった問題を引き起こしかねません。

 

最新の技術で必要な皮脂と余分な皮脂を分けながら余分な分だけを吸着する効果を備えた化粧下地も増えています。こちらは逆に乾燥肌・敏感肌の方が意識したい部分です。

 

テカリが気になる方はオイルフリーも意識して選んでみるとよいかもしれません。

適量をテカりやすい部分にしっかり使用

60代化粧下地選び方使い方テカリ防止

選択肢が限られてしまいますが、余分なオイルを加えないことでテカリをより効果的に防いでいくことができるでしょう。

 

メイクが崩れないよう密着性もやはり重要な部分です。

 

この効果のために特別な処方を取り入れているかどうかも見ながら検討してみましょう。

 

使用量が多すぎるとどうしてもテカリやすくなるので使い方ではまず適量を心がけることが第一、そのうえで小鼻や額などテカリやすい部分にしっかりと使うこと

 

あくまで全体が自然に仕上がることを前提にしたうえで気になる部分をしっかりケアできるか、これもテカリを防ぐ上での大事な部分です。

 

テカリ防止に効果的な化粧下地のまとめ
・不要な皮脂のみしっかり吸着し、潤いに必要な皮脂は残せるか
→テカリが特に気になる場合はオイルフリー商品を意識する
・ファンデーションとの密着性をいかに高められるか
・使用目安量を守りつつ、てかりやすい小鼻や額にはしっかり塗布
・自然な仕上がりか

毛穴の悩みに効果的な化粧下地の選び方・使い方

化粧下地はもともとファンデーションの密着性を高めてメイクの効果や持ちを向上させるためのアイテムです。

ですから毛穴対策に関してはそれほど大きな効果は期待できない面もあります。

たるみと開きで対処法は異なる


・毛穴の開きが気になる:肌全体を滑らかに整えられるか
→粒子が細かいパウダーを配合している、余分な皮脂を吸着する効果を備えているか
・毛穴のたるみが気になる:保湿ケアやエイジングケアに役立つか
→美容成分が配合されているか

60代化粧下地選び方使い方毛穴開き黒ずみたるみ

そこでメイクでの毛穴対策を高める効果も意識したうえでよいアイテムを選んでみましょう。

まず自分がどんな毛穴の悩みを抱えているのかを確認しておきます。

毛穴の悩みといっても開きと黒ずみ、たるみでは必要な対策やアプローチに大きな差が出てきます

あくまで自分の毛穴に合ったケアができる製品を選んでいくことが大前提なのです。

化粧下地が毛穴対策にもっとも役立つのは毛穴の開きに対してでしょう。

毛穴だけでなく肌の凹凸にフィットして肌全体をなめらかに整えるカバー力を備えている化粧下地が人気を得ています。

ツヤや透明感を引き出せるか

60代化粧下地選び方使い方毛穴開き黒ずみたるみ

また毛穴を埋めようとするとその分皮脂の影響で崩れやすくなります

そのため余分な皮脂を吸着する効果を備えている製品のほうがメイクを長持ちさせる観点からも適しています。

またあくまで肌全体を滑らかに整えるのが目的ですから、全体のツヤや透明感を引き出す効果にも着目しておきたいところです。

一方毛穴のたるみではエイジングケアと保湿ケアが重要なポイントです。

エイジングケアのシリーズにラインナップされている化粧下地には、そのライン全体に使用されているエイジングケア成分が配合されていることが多いです。

まず肌のたるみ対策で評判を得ているブランドやシリーズをチェック。

エイジングケア用スキンケアシリーズに化粧下地のラインナップがあるかチェック

60代化粧下地選び方使い方毛穴開き黒ずみたるみ

そこに化粧下地がラインナップされているかどうかを確認するといったアプローチの仕方もオススメです。

使い方も毛穴の悩みによって異なってきます。

毛穴の開きの場合は気になる部分をしっかり滑らかに整えていく一方、厚塗りには注意が必要です。あくまで自然な仕上がりを重視して使っていきましょう。

無理して毛穴にパウダーを押し込んでしまうと化粧崩れの原因となるだけでなく肌の負担にもなりかねないので要注意です。

毛穴専用の化粧下地も登場しており、とにかく毛穴を集中的にケアしたいという方には選択肢は限られますがこれらの製品の中から選んでいく方法もあります。

いずれにしろ自分が抱えている毛穴の悩みに合った選び方・使い方のもとで化粧下地のメリットを引き出す工夫が求められるでしょう。

毛穴の悩みに効果的な化粧下地のまとめ
・毛穴の開きをカバーしたい
 粒子の細かいパウダーで、皮脂吸着力があるか
 肌に無理に押し込まず、全体的に均一に仕上げられるか
・たるみをカバーしたい
 保湿成分やエイジングケア成分が配合されているか
 エイジングケアシリーズの下地を使用
・・毛穴ケア専用下地も視野に入れる

シミの悩みに効果的な化粧下地の選び方・使い方

シミの悩みを化粧下地でカバーしていく場合にはいろいろなアプローチの方法があります。

 

とくに近年の化粧下地には幅広い効果や役割を兼ねているものが増えています。

基本は美白効果とUVカット効果

そこでどういったアプローチでケアしていくのかによって選び方や使い方のポイントが変わってくるのです。

 

・美白効果とUVカット効果を備えているか
→美容液や化粧水で行うのが基本だが、十分にカバーできない場合には化粧下地でも美容成分を補う
  日焼け止めとの兼ね合いを意識しながら、自分の環境に合わせて効果的に紫外線を防げるアイテムを
・シミをカバーしたい
→カラーコントロールの効果を重視
 ファンデーションのカバー力を高められるか

 

60代化粧下地選び方使い方シミ美白

紫外線などの刺激でメラニン色素が増加するのがシミの根本的な原因。

 

このメラニン色素を抑制するためのケアをするのが一番の近道です。

 

ただあくまでスキンケア製品での美白対策を補うのが目的であって、化粧下地だけで美白対策を行っても十分な効果が得られない場合もあるので気をつけましょう。

 

UVカット効果を備えている化粧下地は多く、自分の外出・生活環境も視野に入れましょう。

 

たとえば買い物などちょっとした外出程度ならSPF25、PA++程度で十分カバーできますし、もう少し長い時間外出する機会があるならSPF30以上が必要になります。

 

イエロー系統でシミを目立たなく

60代化粧下地選び方使い方シミ美白

日焼け止めとの関係も意識しながら適切なUVカット効果を備えている化粧下地を選ぶ。

 

このことでより適切なシミ対策を行っていくことが可能になるでしょう。

 

化粧下地の場合はカバー力の方がシミ対策には有効でしょう。

 

その場合には単純にシミを目立たなくさせるカバー力だけでなくカラーコントロールの効果も視野に入れておくとより効果的なケアが可能です。

 

カラーコントロールの効果を重視した化粧下地も増えており、シミ対策の観点から選んでいくことも可能です。

 

カバー力そのものに関してはファンデーションのカバー力を引き出す効果も意識することが大事です。

 

カラーコントロールに関してはオレンジやイエロー系統で自然に目立たなくさせるのが基本です。

レッドやピンク系統は血色感アップ

60代化粧下地選び方使い方シミ美白

血色や透明感が低下している方はレッド・ピンク系統のカラーで肌全体を明るく演出しつつシミを目立たなくさせる方法もあります。

 

この点は肌全体の状態も意識しながら選んでみましょう。

 

使い方はどんなアプローチで化粧下地を活用していくかによって異なります。

 

美白対策なら美容液やクリームとの相性を踏まえたうえで、これらのアイテムが肌にしっかりなじんでから使うのが鉄則。

 

一方カバー力とカラーコントロールを重視する場合にはファンデーションとの相性を重視し、最終的にメイクを自然に仕上げられる形で使うのが大前提です。

 

シミの悩みに効果的な化粧下地のまとめ
・スキンケアでカバーしきれない美白成分を補う
・日焼け止め効果があるか
 →自分の環境に合ったSPFやPAの数値を選ぶ
・カラーコントロール効果も取り入れる
 →シミやくすみをカバーするなら、オレンジやイエロー系統
   血色感アップにはレッド・ピンク系統
・カバー力を重視するなら、ファンデーションとの相性も確認

化粧崩れを防ぐ化粧下地の選び方・使い方

化粧崩れを防ぐのは化粧下地を使う最大の目的といってもよいでしょう。

 

逆に言えば化粧崩れを防ぐ効果が十分ではない化粧下地は使う意味がほとんどありません。

いかに必要な皮脂を残せるか

その意味では化粧下地を使う上での大前提ともいえるわけです。

 

そこで保湿効果やカバー力といったポイントよりも重視したうえで適切な製品を選んでいく必要があります。

 

・化粧崩れ最大の原因・余分な皮脂をいかに吸着できるか
 →乾燥肌や敏感肌にも大切なポイント
   必要な皮脂を残せるバランスが大事
・ファンデーションとの密着性を高められるか
 →相性があるのでなるべく同じラインで揃える

 

60代化粧下地選び方使い方崩れ防止

化粧崩れを防ぐ第一のポイントは余分な皮脂がメイクを浮き上がらせてしまうのを防ぐことです。

 

皮脂吸着パウダーを配合した化粧下地が増えていますが、これは脂性肌だけでなく乾燥肌・敏感肌にとっても大事な部分で、

 

乾燥による小じわや肌の凹凸をしっかりカバーしようとすればするほど、皮脂の影響で崩れやすくなるだけに肌質を問わず重視しなければなりません。

 

ただ皮脂はもともと皮脂膜を形成して水分が蒸発するのを防ぎ、紫外線などの外部からのダメージを防ぐバリア機能の役割を担っています。

 

そのため必要な分まで吸着して除去してしまうと今度は肌のカサつきや紫外線のダメージといった問題を抱えかねないのです。

自分の皮脂の分泌量を見極める

60代化粧下地選び方使い方崩れ防止

必要な皮脂は残しながら余計な分はしっかり吸着する。このバランスに優れた化粧下地を選びましょう。

 

これはひとりひとりの皮脂の分泌量によって基準が異なる部分も出てくるのであくまで自分の視点で選んでいくことが大事です。

 

それから化粧下地の基本中の基本、ファンデーションの密着を高める効果に優れているかどうか。

 

ファンデーションに含まれている成分を引き寄せることで、肌へのフィット感を固める効果を備えている化粧下地も増えています。

 

注意しておきたいのはこうした密着性を高める効果にはファンデーションとの相性が出てくる点です。

同じラインなら密着性は抜群

60代化粧下地選び方使い方崩れ防止

A社のファンデーションの密着性を高める効果に優れている製品が、B社のファンデーションでは十分な効果を発揮しないというケースも出てくるのです。

 

そのため密着性のアップを重視する場合にはファンデーションと同じライン・ブランドの製品を選ぶのが確実です。

 

使い方に関しては厚塗りを避けるとと、全体を自然に仕上げるよう重視することです。

 

どうしても小じわやシミなど気になる部分に集中的に使いがちで、その部分が崩れてしまうことがよくあります。

 

全体が滑らかで自然に仕上がることを前提に、あくまでファンデーションの効果を高めることを重視したうえで適量を踏まえた使い方を心がけましょう。

 

化粧崩れを防ぐ化粧下地のまとめ
・崩れの原因になる余分な皮脂のみ吸着
 →必要な潤いが残らないと、逆に皮脂分泌が増えて余計崩れやすくなる
・ファンデーションの密着性を高める処方か
 →ブランドやラインで揃越える事で効果を発揮
・全体的に均一に自然に仕上げる
 →アラを隠そうと厚塗りすると却って崩れやすくなる